社会課題

不登校と不登校傾向

68人に1

不登校の小~高校生の人数 1)

10人に1

不登校傾向の中学生の人数 2)


不登校の小中高校生が約19万人1) 、また、不登校傾向にあるとされる中学生は、約33万人2)という調査結果があり、既存の学校にとどまらない学びの場を必要とする子どもは少なくない。

新たな学びの場の必要性

68%

学びたいと思える場所として 「自分の好きなことを突き詰めることができる環境」を選択した不登校または不登校傾向にある現中学生と卒業生(中学卒業後~22歳)の割合 2)


不登校および不登校傾向にある子どもの調査結果によると、好きなことを追求したい、という気持ちを多くの子どもが抱いている。相談や活動共有が気軽にできる、前進を後押しする環境があれば、やる気を維持して好きなことに取組みやすくなると考えられる。また、様々な経験ができる場があれば、好きなことがない場合も、やりたいことを探しやすくなると考えられる。

将来を考える機会の不足

43%

これからの生活を設計していくために必要な支援として「将来生きていくためや仕事に役立つ技術や技能の習得についての相談や手助け」を選択した、中学での不登校経験者の割合 3)


基礎学力の習得にとどまらず、将来の生活や仕事に役立つスキルを習得したいというニーズは高い。より早い時期から、自分自身の進みたい道を考えることにより、将来への準備が丁寧にできるとともに、現時点でのやる気や他者との関係性づくりにも繋がると予想される。

わたしたちの解決方法

将来につながる場を作る

・同じ志や多様な視点を持った、応援してくれる仲間に会える機会を作る。

・仲間との交流や表現を通じて、やってみたいことに気づき、これから進みたい道について考えるきっかけを作る。

・まず気軽に行動し、実感をもとに次のステップを考えられる仕組みを作る。

・ひとりでの取り組みに比べて、将来の目標に向けて前進をつづけやすい場を作る。


2019年 秋 アプリ公開予定!

協力者募集

One Decisionでは、ミッションを実現するため、アプリ開発以外にも様々なプロジェクトの企画を進めています。


「子どもたちが自分らしい生き方を決断できる世界」に共感して頂ける、個人、企業、NPO法人、学校などの皆さまの、少しづつのご協力を集めて、ミッション実現に向けて前に進みたいです。


今後の活動予定・報告はtwitter、Facebookにて順次更新中ですので、是非フォローをお願い致します!


メンバー紹介

理事長

斎藤 佑樹

事業企画

経歴

青山学院大学国際政治経済学部国際政治学科卒業

2016年3月 株式会社LITALICO入社。子供向けプログラミング教室にて指導員/不登校児向けサービス企画などを経験、その後、本社部門にて社内研修/Webマーケティング/エンジニアとして事業開発に従事。


参画の理由

不登校の子達との出会いがあり、好きを極めようとしている生き方に心を打たれた。こういった生き方を自分自身もしたかったと思ったし、でも今の現状では彼らのような生き方はまだまだ一般的ではない。いま自分は、彼らのように挑戦し続けられているだろうかと考え、起業するに至る。

理事

横山 賢吾

プロダクト開発

経歴

筑波大学大学院システム情報工学研究科修了

2016年4月 株式会社LITALICO入社。主にアプリ開発や研究開発を担当。学生時代に起業を経験、また複数の会社のサービス開発にエンジニアとして携わる。


参画の理由

自分自身が夢中になれるような活動を、周囲の反対や環境の変化によって諦めている人達を見てきた。技術を活用することで周囲の環境を超えて、多様な価値観を持つ人々とつながる場を提供したり、自分自身の活動を応援してくれる仲間を見つける手助けができたらと考え、One Decisionに参画。

理事

佐々木 奈都記

広報/マーケティング

経歴

東京大学医学系研究科精神保健学教室修了。精神保健福祉士

障害のある方の就職支援に関する研究に携わったのち、就労移行支援事業所、調査研究支援企業にて勤務後、2018年8月より、Washington University in St. Louisのソーシャルワーク修士コースに在籍中。


参画の理由

研究および実務を経て、障害というひとつの概念に限らず、ひとの可能性を最大限にひきだす仕組みづくりが必要だと感じ、One Decisionへの参画を決意。さまざまな課題解決に向け、理念と情熱のある人を惹きつける新鮮な取組みをOne Decisionから広めるべく活動中。

監事

奈良 謙一

監査

経歴

Proact Consulting ltd.代表取締役

Abeam Consulting, Janssen PharmaceuticalなどにてITを活用した間接部門の業務改善に従事した後に独立、起業。現在は経営管理部門の組織設計や業務改善を主領域として活動中。


参画の理由

自身が小中学校時代に3年間の不登校。更に子供を身体障碍者として授かった事もあり、世の中の”生き辛さ”、”普通”であることへの違和感を強く感じる。自分のような所謂、”普通”と違う自分に悩んでいる方々に「ありのままの自分らしい生き方」を広めたいと考え、One Decisionに参画した。

企画中の事業

オフラインでのイベント開催

※中高生職場訪問プログラム、中高生へのメンターシッププログラム、その他子どもの進路選択に役立つ企画を予定

オンライン活動による出席認定 が検討可能な教育機関との連携

※「不登校児童生徒が自宅においてIT等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出欠の取扱い等について」という指針に基づく認定

その他のご提案、本団体の活動に関するご質問は、メールにてご連絡ください。

お問い合わせの内容によっては、ご回答にお時間を要する場合や、ご回答できかねる場合がございます。あらかじめご了承ください。


お問い合わせはこちら